スーツは謝罪会見でしか見られなくなるってホント?ビジネスウェアの未来

こんにちは、スーツを着てこなかった人のためのブログ

【テーラーズ クラブ】の管理人の郡司(@suitpromoter)です。

 

最近「転職してスーツ着なくなっちゃった!」という方が増えています。定年退職をしてスーツが不要になる方もどんどん増えています。スーツ離れは進む一方です。

 

 

結論
スーツ=ビジネスウェアとしての役割が終わりつつあります!

 

今後のビジネスウェアの未来は?スーツの行方は?

現在、カジュアルウェア(普段着)の代表的なアイテムのデニム、元々は鉱山で働く労働者が着用していたものなのでワークウェア=ビジネスウェアであり、スーツの原型であるラウンジ・スーツは「寛ぐための服」なのでカジュアルウェアと言っても良さそうなものです。
どこかで役割が逆転してしまったのですね。そう考えると時代の流れでスーツがビジネスシーンで見かけなくなるのはあまり不思議なことではありません。

スーツは着なくなるの?

ビジネスウェアがカジュアル化するのはわかるけど、スーツはなくなっちゃうの?と思ってしまいますがスーツには新たな役割が巡って来ています。それはセレモニーウェアとしての役割が残っているんです。

タイトルの謝罪会見というのは極端な例ですが

結婚式で新郎が着るタキシードは今カジュアル化が進んでおりスーツをタキシード風にアレンジという需要が急増しております。

スーツは特別な場所できる服装

という印象になるのではないかなと個人的には思っています。

スーツにとってのイメージはワンランクアップすると捉えることもできますね!今後もスーツに注目して行きたいと思います!!

 

 

 

 

 

スーツについてもっと知りたい人にスーツ情報を届けるために、ブログランキングに参加し始めました。
よろしければ1クリックで応援いただけましたら幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ なりたい自分ファッションへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA