オーダースーツの価格ってわかりにくい。同じ生地なのに、値段が倍以上違うのはなんで!?

こんにちは、スーツを着てこなかった人のためのブログ

【テーラーズ クラブ】の管理人の郡司(@suitpromoter)です。

 

大事な大事な値段の話ですねー!「なんで同じ生地なのにお店によって金額が違うの?」とよく聞かれます。確かに不思議ですよね。同じブランドの同じ品番なのに時には倍程値段が違うことも、、、。他の業界ではあまりない現象かもしれませんね。そんな疑問を解決して見たいと思います!

 

 

結論

スーツの価格は

「生地代(裏地やボタンなども含む)」+「縫製代」+「お店の利益」=オーダー価格です。

生地代は仕入れ方や仕入れる量により多少の差はありますが

そんなに大きくは変わりません。つまり縫製代が大きく関わってきます。

 

縫製代とはスーツを作るのにかかる時間と言っても良いかもしれません。

生地の代金はある程度一緒、と説明しましたが、縫製代の価格は本当にピンキリなんです。

簡単にいうと「工場で流れ作業で作る物」から「1人の職人が全て縫い上げる物(丸縫い)」

もちろんこの2種類ではなく、この間にはいくつものグレードがあります。

私は縫製代が安いのは安物だ!!とは全く思いません。何故ならば、予算が決まっている場合、

縫製のグレードを落とせば、生地のグレードを上げれる!というメリットもあります。

やはり、仕上がりを見たときの生地の「良し悪し」は、かなり大きいです。

 

逆もあります。自分の体に合わせた形で高い縫製レベルのスーツの着心地は

今まで着ていたスーツを着れなくなってしまうほどの威力があると思っています。

 

縫製グレードや生地の良し悪しはなかなかすぐにわかるものではないかもしれませんが、、、。

もし真剣に悩んでいたりご興味のある方はツイッター(@suitpromoterフェイスブックでご質問ください!

 

 

 

もちろん無料でご相談に乗らせていただきます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

スーツについてもっと知りたい人にスーツ情報を届けるために、ブログランキングに参加し始めました。
よろしければ1クリックで応援いただけましたら幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ なりたい自分ファッションへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA